<< おむすび会 in ドローイング・レコード 梅春スケッチフェス | main | 異色!園長は、カメラマン〜 (雑誌エデュカーレ85号 イラストエッセイ) >>
絵本 ミッチのあいことば 〜ある じゅうどうのおはなし〜
0

    世界中の子どもたちへ、届け!!!!!

     

    柔道の絵本を描きました!

     

    (おそらく)世界初の、柔道テーマの絵本!

     

     

    ミッチという柔道を習っている女の子が主人公。

     

    ミッチの不思議体験のお話。

     

    “柔道”っていうと、どんなイメージですか?

     

    オリンピックで見る競技、

     

    日本に古くからある武道、イヤ、格闘技か?

     

    スポーツ!!!

     

    など、、、。

     

    だけど、柔道、勝敗を決めるための競技、武道、格闘技・・・、

    ただそれだけじゃない、柔道の奥深さ。。。

     

    そんなことを描きたくて、絵本を制作しました。

     

     

    東京都新宿区にある柔道場『志道館』(SHIDOKAN)

    世界で戦ってきた、柔道アスリートの坂東真夕子先生

    が館長さんです。

     

    世の中を良くしたい、柔道という素晴らしい武道を通して

    必ずそれは実現できる。

     

    そんな、坂東先生の熱い思いからこの絵本プロジェクトは生まれました。

     

    ワタクシ渡辺千春も、もともとずっと柔道は

    好きだな、いいな、って思っていましたし、

     

    よ〜〜〜〜〜し!

    描いたるど〜〜〜〜〜!

    っっっとの強い思いで、作品作りに挑みました。

     

     

    柔道の創始者 嘉納治五郎

     

    「精力善用 自他共栄」 

     

    という言葉、教えを、わかりやすく子どもたちに向けて

    発信しています。

     

    どんなお話かって、、、

     

    それはもう!!!

     

    地球規模、いや、宇宙規模のお話なんです! 読んで、見ていただければわかります(笑笑)

     

    嘉納治五郎は常に地球、いや、宇宙を見つめていた武道家ですが、哲学者だったと思うんです。

     

    本編をちらっ

     

     

     

    なにしろ宇宙規模の嘉納治五郎の思想を宇宙規模的にカワイく

    描かなければいけませんから、この本に漂う香りは

    和でも洋でもなくシツコイようですが、

     

    宇宙的ポップさ

     

    で、カワイイ絵本世界でなければなりません。

     

    またまた本編をちらっ

     

     

    そして、この ミッチのあいことば で、

    是非注目していただきたいこと、それはなんと、、、

     

    たぶん世界初! 各ページにキチンと英語訳、

    フランス語訳が、載っていることなのだ!!!

    (なんとなくバカボンのパパ風に古いけど

     

    もしかしたら日本国内以上にヨーロッパや英語圏の国々で愛され、

    畏敬の気持ちで迎えられている柔道。

    志道館の坂東先生強い要望で、この絵本は

    最初から、翻訳をつけることで

    プロジェクトは進んでいきました。

     

    各ページに翻訳を入れていくことは絵とデザインの生合成的にも

    非常に苦心した点ですが、

     

    これがまた、実にいい塩梅!と思える仕上がりになっています。

    本当に大変だった翻訳作業、

    訳者の先生お二人の、誠実な仕事ぶりは

    ご一緒にお仕事させていただき、すごく勉強になりました。

     

    また本編ちらっ

     

     

    ↑↑↑ こんな感じで、各ページごとに英語、フランス語が

    入っています。

     

    おはなしは奇想天外な方向に進みますが、

     

    かわいくユーモラスに、テンポよく晴れ

    最後まで進んでいきます。

     

    柔道テーマだけど、柔道あんまり知らない方にもオススメです。

    誰もが楽しめる内容です。

     

    『ミッチのあいことば〜ある じゅうどうのおはなし〜』

    原案:坂東真夕子、こんどうともこ

    英語翻訳:瀧澤亜希子

    フランス語翻訳:治部美和

    装丁とデザイン:梅村昇史

    絵と文:渡辺千春(ワタクシです)

    サイズ:A4変形

     

    ご購入はコチラから↓↓↓

    http://www.bunbuichido.net/judo-illustratedbook/

     

    この絵本がどんな感じの内容か、お知りになりたい方は

    ぜひ、この書評をごらんください。

    ↓↓↓

    柔道家のためのサイト“柔道”

    http://www.ejudo.info/newstopics/003271.html

     

    志道館のサイト内に、ご購入者さまの感想が寄せられています。

    ↓↓↓

    http://www.bunbuichido.net/illustrated-book-comments/


     

    ウラ表紙です。

     

    ぜひ、たくさんの人たちに、お手に取っていただきたいです。

     

    とってもかわいいミッチをぜひ見てやってください。

     

    よろしくお願いします晴れ

     

    JUGEMテーマ:絵本紹介

    | 絵本 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.panprofactory.com/trackback/253
    トラックバック