<< フランク・ザッパ考察イベントのお知らせ | main | なんで?どうして?保育園選び イラストエッセイ >>
「アンデルセンの小さな15冊の本展」at GALERIE Malle 無事終了
0
    「アンデルセンの小さな15冊の本展」2014年12月14日をもちまして無事終了となりました。
    ご来場頂きました、たくさんのみなさま、ほんとうにほんとうにありがとうございました。
    心よりお礼を申し上げます。
    ギャラリーオーナーの木川志津子さん、今回、展示のプロデュースをされた装丁家で参加者でもある丸尾靖子さん、
    出版社、翻訳家様への交渉、印刷会社や製本屋さんとの調整などなど、多大な手間ひま、時間を割いてくださり心より感謝いたします。おつかれさまでした。

    この度の企画は、15組の装丁家と挿画家がアンデルセンの作品を1つ選び1冊の本に仕上げて展示&販売する、というものでした。各挿画担当者の原画展示もあり。刷り上がりは各100冊限定販売です。本は会期終了後もギャラリーマアルにて販売しています。(無くなり次第販売終了です)
    15組のうちの一組が私たちです。
    装丁:梅村昇史 挿画:渡辺千春
    選んだアンデルセン作品:食料品屋のこびとの妖精
    訳:高橋健二

    GALERIE Malle(月曜定休)
    ギャラリーHP
    http://galeriemalle.jp/



    判型[110×160mm]厚みは5mm表紙、裏表紙が一体化したデザインコンセプトです。


    中はこんな感じで。
    全ページ紹介したいところですが、少しずつご紹介します。


    妖精が自分の中につき上がる感情に自ら興奮している様を表現した面白いシーン。
    偉人に対して言うのもなんなんですが、アンデルセンの表現者としての奥深さを感じさせます。
    アンデルセン童話は、ちょっと悲しげなお話もたくさんありますが、こんなユニークかつ深みのあるお話もあるんですよね。
    「食料品屋の…」は、アンデルセン後期の作品です。


    渡辺千春、挿画展示模様。

    展示内容は、また後日ブログにアップ予定です。つづく…笑

     
    | panpro works | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.panprofactory.com/trackback/216
    トラックバック