<< ハロー2014 パート2 | main | “みんなみんなぼくのともだち”コラムの挿絵 >>
第6回 遊び場ビバビバ Viva! Art!! レポート
0
     

     「子どもたちが自由に芸術家ごっこをしてくれたら、これってとても純度の高いアートなんじゃないの」的アートプログラム「遊び場ビバビバ Viva! Art!!」を「ワークショップというよりはこれはただの遊び」的にまたまた開催しました(ここまで、いつものフレーズ)。1214 都立木場公園「木場プレーパーク」にて。

     ちょっと紹介が遅くなりました、すいません。

     今回は江東区の子ども支援センターのひとつ「東陽みずべ」のスタッフさんも加わっての開催となりました。この「みずべ」、簡単に言うと子育て全般の相談機関的なもので、保育環境も備えています。この日は「みずべ」によく通っている子どもたちも大勢やってきました。よっていつもよりも参加画家が多く、入れ替わり立ち替わりで2時間中だるみすることなく、なだらかに高テンションでした。いい感じで疲れたのう。再度確認、ここでの自分の役割は「クリエイティヴなカオスをオーガナイズする」ことです。えーと、イコール「メチャクチャになりすぎないように気をつける」ってことです。まあメチャクチャになってもいいんだけどねー、遊びだから。でも人に迷惑になるような無茶をする子って、いままでほとんどいない気がします。ひとりで全身絵の具まみれになって、その存在自体でパフォーミングアーツの域に到達しそうな子は何人かいるけど。






     この回の「遊び場ビバビバ Viva! Art!!」は「東陽みずべ」さんとの恊働での開催ということで、絵の具を何色か提供していただきました。いつもは赤、黄、青の3色だけでやりこなしているのですが、これにピンク、緑、水色が加わり6色になって、うーむ、かなり画期的。

     いつも作風がジャクソン・ポロック的ハード抽象表現主義よりだったけど、ピンクや水色の淡い色調が加わって、印象派的色合いがでてきました。「君たち印象派だねっ」。まあ、そんな絵画的カテゴリーがなんであろうと、常に子ども画家たちはサイコーなんですが。一方、ちょっとずつ色をまぜて30分かけてお気に入りのピンクを作り出す、子どもカラーコーディネーターも登場。延々と色を追求するその姿には、何か神々しいものを感じてしまいます。



    梅村昇史 記す

    | まめ本教室やワークショップ | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.panprofactory.com/trackback/188
    トラックバック