<< 7月の個展レポート3/コラージュした額縁についてなど | main | あらためまして梅村昇史作品展のお知らせ >>
7月の個展レポート/ドローイングのすすめかたについて
0
    創作ストーリーを小さく綴ってそれをもとにドローイングしました。

    この場面が…、
    koten2457

    こんな感じに。
    koten2299

    koten2304

    koten2301

    全体的にグリーンのイメージに仕上がった。
    このイラストは売れなかったら、夫が家に飾ろうと思っていたらしいが、売れました。もともとは、このページをドローイング作品にという夫の希望で描いたもの。個人的にはこのシーンを描くつもりは無かったけど。今回のドローイング展では、自分的にも印象深い作品になりました。渡辺千春(7.20~29)

    | chiharu | 14:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    創作ストーリーと言う小冊があるのですね。これは、今回用のものでしょうか?それとも既に制作されていたものでしょうか?また、他にもこのような小冊が、作られているのでしょうか?左ページの文字が、印刷文字なのでちゃんと仕上がった作品本のように思えますが。。。。。どちらも見てみたい印象です。緑の色と背景の淡い白が、地の生成り色とバランスよくまとまり素敵です。額にあるタタタ文字もいいです。蛍でしょうか?しゃべってるのかの言葉が小さくて読めないのが残念です。
    | (JZ) | 2013/10/07 10:26 PM |
    JZさん、すごく細かいところまでみてくださり、心からありがたいです。ありがとうございます。
    蛍(^^)にみえるものは、いも虫です。このたびのドローイング展で象徴的にたくさん描いたいも虫くんなのでした。このシリーズのドローイングは絵と文字をからめながら描くこととしたのですが、この作品では、いも虫のひとり言を小さく描いてみました。
    冊子についてですが、ちゃんとした本を作ってみたいという気持ちで以前からスケッチしていたもので、今回用ではありません。ちょうど、スケッチがまとまった頃に、このドローイング展が決まったので、じゃあ、これを題材としてやっていこうと思ったのでした。なので、冊子ふうのものは私が手作りしたのですが、ちゃんと完成にこぎつけたいというのがいまのところ、目標です。
    | chiharu | 2013/10/08 3:17 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.panprofactory.com/trackback/177
    トラックバック